発達障害の理解、子どもとの関わり方に役立つ本まとめ2【生活習慣、社会生活】

本 発達障害

こんにちは、特別支援学級担任でした、ひなせです。

 

この記事は「発達障害をもつ子どもたちが将来、自立するために必要な力はなにか?」と考えたときに読んだり、アドバイスに使った本をまとめています。

 

具体的には、

生活に関わること(食事、睡眠、運動など)

社会生活に関わること(マナー、経済、会社など)

 

「発達障害って?」「どう関わったらいい?」という、障害理解、関わり方について参考にした本は以下にまとめています。あわせてご覧ください。

発達障害の理解、子どもとの関わり方に役立つ本まとめ

 

生きやすくなるために生活習慣を変える

 


 食事、運動、ストレス、人間関係などの体調に良いこと、悪いことが書かれている。よりよい生活のための基準になる。子供向けの内容ではないが「孤独が体に悪いのでコミュニケーションをとる」「写真でもよいので自然を見る」など子育てにも取り入れたい内容がたくさん。

 


セロトニンという幸せホルモンを分泌する生活習慣が大切。脱力感や不安、不登校の改善にお医者さんにいかなくても試せることがあります。子どもがうつっぽくなってたり、調子悪そうなときに試せるように知っておいてほしい。

 


「痩せて、IQが上がって集中力があがる」という本。すべてがその通りいくかは置いておいて、食べるもので体調や機嫌は変わると思って勉強した。発達障害の子の脳のつくりは変わらなくても、ホルモンバランスは食べ物で変わるかもしれない。試してみる価値はあると思う。少なくとも健康にはなる。


同じく睡眠の質も大切。ちょっとした工夫でぐっすり眠れるようになるかもしれない。いろいろ読むと寝つきの悪い子や不安の強い子、朝起きられない子にアドバイスができるようになる。知識がつけば根性論とか偏見とかがなくなっていく。


ということで運動の本。注意欠陥障害についての章がある。運動とADHDの関係について医学博士がちゃんと書いている。発達障害の子に運動はやっぱり大切。下のも同じ博士がかかわった本です。



生活習慣を身につけるために参考にした本。「週4回やったほうがいい」「目が覚めたらまずはカーテンと窓を開けて1分深呼吸」など子どもの悩みに対して、具体的にアドバイスできるようになった。悪い習慣のやめさせ方も載っている。
この本と勉強習慣について書いた記事です。↓

社会生活のために


大人向けの本なので、子どもに読ませるというよりは自分の確認用。社会人になったときに知っておくべき内容が知りたくなったときに見る。

自分がちゃんとできているか…はもちろん、どういうマナーを教えていく必要があるのかの確認用。

一問一答形式のクイズとしてよく使っていた。「野球」とか「歴史」とか得意分野だと大人以上に答えられる子もいて嬉しそうだった。教科書に載っていることも多いので、学校の勉強の素振りを見せずに復習できる。そのときのことを書いた記事はコチラです。↓

日本にどんな会社があるか見る用。「知ってる会社ある?」「働いてみたい業界ある?」と一緒に見てもいい。

最後に一言

随時追加予定です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました